TOP

スポンサーKataribe

沖縄の穴場リゾート・久米島

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

沖縄本島の西側に浮かぶ久米島は、本島よりゆったりした時間が流れる、穴場のリゾート地です。
久米島へ行くには、沖縄本島・那覇の泊港からフェリーに乗るか、那覇空港から飛行機に乗るかの、どちらかの交通手段を使うことになります。 気候は一年中を通して温暖で、台風シーズンをのぞけば大変過ごしやすい島になっています。

■久米島の歴史
久米島の文化や歴史は沖縄本島のそれと違い、独特の進化を経てきました。琉球王朝と、中国や台湾や朝鮮半島との、交易の中継点として栄え、東アジアと沖縄本島を結ぶ航路の寄港地として栄えた久米島では、沖縄本島の琉球王朝の文化と、東アジアの大陸からもたらされた文化が混じり合って、独特の文化を築き上げてきたのです。 久米島の歴史を語る上で欠かせない、宇江城跡や具志川城跡といった史跡や様々な建造物が島の中に存在し、琉球王朝と大陸との交易の拠点の歴史を証明しています。

■美しい海と浜
ハテの浜やシシリ浜、イーフビーチなどの綺麗な浜がたくさんあり、海の透明度も高いので、海辺でのんびりするのに向いた島ともいえます。 また、島のあちこちにスキューバダイビング用のダイビングスポットが点在し、海中に潜ってさまざまな熱帯魚を見ることができます。ウミガメが上陸して産卵する場所もあり、運がいいと、泳いでいるウミガメと遭遇する幸運なダイバーもいます。また、久米島の沖には鯨が回遊していることもあり、釣りのスポットとしても有名な久米島では、沖の釣り船が回遊してくる鯨を見つけることもしばしばです。

■自慢のグルメと豊富な宿泊施設
海の幸も豊富で、それを安い値段で食べさせてくれる飲食店もまた、島内にたくさんあります。久米島には豊かな湧き水が湧いていて、その湧き水を使って久米仙と呼ばれる久米島独自の泡盛も作られています。 リゾートホテルから民宿・ペンションまで、宿泊施設にも恵まれています。

沖縄本島よりものんびりしたリゾートの島、久米島。足を伸ばして行っても損はありません。

.

最終更新日:2015-08-28 23:30

コメント (0)